GUND ガンド社

「アメリカの家庭には必ずGUNDのぬいぐるみが1つはある」
と言われるほど有名なGUND

GUNDガンド社 ぬいぐるみ画像1GUNDガンド社 ぬいぐるみ画像2
表情が豊かで可愛いGUND(ガンド)社のぬいぐるみたち♪


GUND(ガンド)社 テディベア ぬいぐるみ


〜 数多くのセレブ達にも愛されるGUND(ガンド)社のぬいぐるみ 〜
ジェシカシンプソン&GUND 画像
ジェシカシンプソン&GUND
ビヨンセ&GUND 画像
ビヨンセ&GUND

GUNDのfacebookをチェック
facebookへ



ぬいぐるみ1
ぬいぐるみ2
ぬいぐるみ3
ぬいぐるみ4
ぬいぐるみ5
ぬいぐるみ6
ぬいぐるみ7
ぬいぐるみ8
ぬいぐるみ9
ぬいぐるみ5
ぬいぐるみ11
ぬいぐるみ12
ぬいぐるみ13
 GUND(ガンド)社について

GUNDは、アドルフガンド氏によってアメリカ コネチカット州に1898年に創設され、
優れたデザイン力で数々の賞に輝き、テディベア業界のパイオニアとしてリードしてきました。

1925年、アドルフガンド氏引退に際し、当時工場長として働いていたジェイコブ・スウェドリンに引き継がれ、
その後会社はますます大きくなり、特に生産過程は技術の向上によって発展を見せました。
1960年にはディストリビューションセンターを立ち上げ米国初のティディベアカンパニーとなりました。

GUND社は品質にも定評があり、おもちゃの安全基準を最初に確立した会社です。
現在ではアメリカだけでなく、カナダ、 ヨーロッパ、日本、オーストラリアおよび南アメリカにも広がっています。



GUND ロゴhttp://www.gund.com


GUND(ガンド)社の商品
アメリカでは 「ぬいぐるみ=GUND ガンド」 という人も多く、
家庭にはGUND社の 「ぬいぐるみ」 は必ず1個はあると言われているほど知名度の高いブランドです。

やわらかく肌触りのとても良いぬいぐるみは、思わず抱きしめたくなる気持ちの良さです。
その品質は世界中で高く評価されています。

1948年にディズニーキャラクター生産の専属ライセンスを取得。
40〜50年代にはキング・フィーチャー&ハーベイコミック社のキャラクターも製作するなど、
キャラクターのライセンス商品も積極的に製造しました。

また、自社ブランドの可愛らしく暖かみのあるぬいぐるみを製造する事にも力を注ぎ、その中でもくまのSnufflesとイヌのMuttsyは有名で、定番商品として愛されています。

1963〜1993年にかけてプーさんのシリーズをシアーズ社というデパート専用に作ってきました。
1994年にはクラッシック・プーのライセンスも取得。
他にもミッキー、ベビーミッキー、ダンボ、キュリオス・ジョージ、ビジーワールド、ベイブ、ディルバート、ババールなどのキャラクターも数多く手掛けています。

マガジン社 画像 マガジンハウス社のムック本にも
紹介されました。






テレビや雑誌など、よく取り上げられているので知っている人も多いと思います。(^^)

全米2011年子供玩具のベスト100"に選ばれましたPeek a Boo Bearが
小倉優子(ゆうこりん)さんがブログでも
紹介されてました!
小倉優子さんブログ記事
小倉優子『☆さゆみんみん☆』
小倉優子の小倉優子オフィシャルブログ
「Yuko's Happy Life」(プラチナムプロダクション)